忍者ブログ

背伸びした視点のブログ


平成最後にふざけない  2019 / 04 / 03 ( Wed )

まずはこちらをご覧ください



新元号はこれだ!(ドン)
4月3日にそれやる度胸がすごい。
いやあ、今年のエイプリルフールはいろいろありましたね。
もはやエイプリルフールにウソをついているひとのほうが少数派だよね。
ま、まあ、それは言わない約束じゃないですか。ぽりだって人のこと言えないし。
ところで今年のネタの元ネタって「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」でしょ?何故2017年のゲームを今更パロディするの?
話は簡単。
ぽりさんがゲーム買ったのが昨年12月だったからさ。
あー、確かスマブラと一緒にSwitch買ったんだっけ?
うん。そのときに一緒にゼルダの伝説買ってドハマリしてさ。今年になってからゼルダの伝説の開発者インタビューとか読み漁ったってわけなんだ。
で、インタビュー読み漁ったあとに作りたくなっちゃったわけ?
うん。しかもそのインタビューの中に、ちょっと気になる一文があってね。
なに?
要約すると、「まずどんな感じのゲームか説明するために、2Dでゲームを作った」って逸話。
あー、いろんなところで言ってたね。
あと「説明用の2D版はマップチップの切り替えで炎を表現してパパっと作った」という話ね。
へー。
でも確かに「どんなものか説明するための処理」ならば、がっつり炎のシミュレーションする必要ないもんね。
既存のRPGシステムを借りてパパっと作るのは確かにアリかもね。
で、これを聞いたときぽりは思ったのさ。

「マップチップの切り替えでできるのなら俺でもできる」ってね
最低の発想だ!
でも元々「マップチップの切り替えでステージを変えるシステム」ってのは2SecHeroとMagneticSkyでやってたからね。
今までの技術を活用すれば出来ないことじゃなかったよ。
へーすごい。
で、完成したのが「グラビティの伝説 ブレスオブザワイルド」ってことだね。
想像以上にガチなやつが出来たんで十分満足してるよ。
もはや「エイプリルフール」の枠を超えて普通に新作だったよね。
あ、そこも理由があってね。
エイプリルフールにエイプリルフールネタじゃない理由?
うん。今年はエイプリルフール月曜日でしょ?
鮮度が1日で過ぎるネタをやったところで、そもそもプレイする方の絶対数が少ないと思ったんだ。
だから1日で賞味期限が切れそうなネタでなく、数日後、数カ月後に遊ばれることを想定してガッツリ作った、というワケなんだね。
うん。その他にも、今年は元号発表の日でもあったからね。
4月1日にどんなネタをやろうと、元号発表のインパクトの大きさには勝てないと思ったんだ。
あー、それもそうだね。
だから4月1日にプレイしてもらうことを想定するよりも、
週末ぐらいにプレイしてもらうことを想定したガッツリさにしようと思って作ったのがコレってわけ。
へー。すごく考えてたんだね。
でもさ、4月1日のプレイを想定してないのなら、そもそもエイプリルフールじゃなくてよくない?
えっ

拍手

PR

色とりどりのモノクロ世界  2019 / 01 / 07 ( Mon )

あけましておめでとうございます。スマブラでふっとばされてる間に年を越していたぽりです。

2019年の目標とかそのへん。

新年になってもう1週間ほど経ってしまいましたが、今年の目標と現状の進捗報告です。
ちなみになんで1週間もかかってしまったかというと……まあSwitch持って帰省しようと思ったらカバンにPC入らなくなったのが原因でブログに触れなかっただけなんですけど。



さて、今年の目標ですが、「現在製作中の作品の目星をつける」です。製作スピードは遅いですが、着実に進んではいるので、今年中に公開スケジュールをたてられるようになりたいなあ、と思います。


思うだけですが。



ちなみにその思っているだけの製作中作品ですが、現状の進捗SSを貼ってみます。




SSを見て分かる通り、製作中作品は「色」が重要な作品になるようです。

でもゲームタイトルは「いろのないむら」です。これはどういうことなんだろうね。

拍手

新たな10年を  2018 / 07 / 09 ( Mon )

こんばんは。「渡したいものがあるから住所教えて」と言われて教えたら2ヶ月音沙汰なしぽりです。


1.うでぃこーん

ということで今年もこの季節がやってきました。




今年もWOLF RPGエディターコンテストが始まります。なんと今年で10年目となりました。とうとうここまできましたよ

残念ながら今年もぽりはプレイ側にまわることになりそうですが、今年もたくさん楽しませていただこうと思います。レビューもやっていくよ!



2.びぼうろく

で、これは仕方のないことではあるんですが、どうしもウディコン期間中、ぽりの製作速度は大幅にスローダウンしてしまいます。

で、これがなんの意味があるかと言えば、9月頃、2ヶ月ぶりに自分のプログラムを見ることになる訳です。2ヶ月前に何作ったかなんていちいち覚えてられないので2ヶ月ぶりにプログラム見ると基本的に記憶が飛んでて痛い目にあいます。


そこで、「今作ってるゲームはウディコン前の時点でここまで出来てるよ!」という備忘録の意味を込めて、製作中ゲームの最新版スクリーンショットを無造作に載せておきます

あくまで備忘録目的であって皆さんに最新情報をお伝えする目的ではないので、ひと目見ただけじゃ分からない情報が無解説で載ってますが、まあ気にせずに軽く受け流してください。
むしろこの情報から次回作がどんなのか想像するのも面白いかも?ただ本当に備忘録なので、推理できるだけの情報が載ってるかは分からないのですが。










なにこれ。

拍手

パロディにあけくれて  2018 / 04 / 01 ( Sun )

まずはこちらをご覧ください



いくらなんでも今年のこれはひどくないですか?
……あ、あなたは!?
ご挨拶が遅れました。 私はVOICEROID+の「結月ゆかり」と申します。
今回のエイプリルフールゲーム、「GetOVER!!」で全体的なボイスを担当しました。
いろいろとお疲れ様でした。
結構いろんなボイスを喋らされましたが、
合計でどのぐらいボイスが収録されてるんでしょう?
トータル56ボイス、時間にして6分強です。
あんな短いゲームに!?
そのうち50は高いところから落ちた時の慰めボイスです。
ほぼ全部じゃないですか!?
まあ、元ネタが元ネタだからね。ゲーム中何回も落ちるハメになるのに同じボイスを何回も繰り返したら萎えるでしょ?
元ネタですか……。そういえば今年のエイプリルフールは露骨に某ゲームパクってますね。
たぶん見て一発で分かった方も多いと思うけど、今回のエイプリルフールはゲームプラットフォーム「Steam」と
超絶難易度で有名になった「壷おじさん」こと「Getting Over It with Bennett Foddy」の2つをもろパクリしてます。
バーチャルYoutuberのブームと同時期に話題になった為にみんなやってたやつだね。
それで、今年は何故このチョイスなんです?
今年のエイプリルフールって日曜日でしょ?
だから「がっつり時間をかけるゲームを遊ぶのに適した日」だと思ったし、
「各種メディアが休みだから露骨にパロディやっても周りに迷惑かけない日」だと思ったんだ。
その2つを考えたらこのゲームが一番適切かなあ、と。
で?本音は?
日頃「ぽりのゲームは難易度がヌルすぎる」と言われ続けてきたからね。一回だけでも100%の悪意のみで難易度デザインしてみたかった。
くぉら!
でもプライド的に「悪意」は入れられても「理不尽」は入れることを無意識に拒否してたみたいで、そのへんの優しさを見透かされちゃってビックリしたけどね。
ところで、さっき「がっつり時間をかけるゲームを遊ぶのに適した日」と言ってましたけど、
よくここまでがっつり時間をかけられるゲーム作る時間有りましたね?
あ、このゲーム7割ぐらい「MagneticSky」のプログラム流用なんですよ。なのでゲーム自体の制作はすぐでした。
ぜんぜん活用できてない「Back to Checkpoint」ボタンは流用の名残ですね。
へぇ。
でも流用のおかげで公開の1週間前にはゲームは一通り完成して、
残りの時間を全てパロディ突っ込むことに使えたからね!
……
細かいものとWeb上のやつを含めたらざっと40~50はパロディネタが入ってるよ!
是非探してみてね!
……
いやーやっぱりパロディは楽しいゾイ!
活用できてないボタンを対策せずに放置したままパロディに明け暮れる……
昔のあなたが聞いたら卒倒しそうなほど落ちぶれてしまいましたね。
えっあっそのすいませんでした!




とりあえず難しすぎてクリアできない方は「Escキー→『Back to Menu』」だと現在位置をセーブして終了、「F12キー」だと現在位置をセーブせずに終了するという小技があるのでその辺使ってなんとかしてみてください。

拍手

時の流れを身に感じ  2018 / 03 / 17 ( Sat )

こんばんは。何の前触れもなく新ソフト公開です。



(クリックすると原寸大)

「年齢計算機2018」


このたび、ぽりがずっとゲーム制作でお世話になっているWOLF RPGエディターが10周年を迎えたようです。(Ver1.00からカウントして10年なので、厳密にウディタ初公開から数えるなら10年半ぐらい経ってはいますが)

このウディタ10周年をお祝いするためにぽりが作ったのがこのソフトです。



え?年齢を数えるソフトと10周年に何の関係があるかって?



実は10年前にぽりがウディタをDLして初めて完成させたソフトが「年齢計算機」なのです。10年越しのセルフリメイクをすることで、自分なりにこの10年をお祝いしようという事なのです。



ちなみに10年前に作った「年齢計算機」もダウンロード可能です。


年齢計算機(2008年版)


当然のように計算ミスをしていたり、UIデザインがメチャクチャだったり、そもそも小数第5位までしか見てないせいで年齢が増えていくリアルタイム感ゼロだったり、今見ると恥ずかしい出来ですね。


2つのソフトを見比べて、10年で変わったもの、変わらないものに思いを馳せてみるのも良いかもしれません。10年の重みってやっぱりすげーもん。

拍手


プラグイン

カウンター

サイト移動

メインページへ行く
背伸びした視点の日々
旧ブログへ行く
この視点の日々

ついったー

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
ぽり0655
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1989/04/16
自己紹介:
主に日記を書きながら、たまにゲームを作ったり作らなかったり。

最新記事

最新コメント

※ぽりが返信したコメントには、タイトル横にマークが付いています
[05/05 ALA1]
[07/28 MK]
[03/10 拍手したものです]
[12/25 NONAME]
[12/13 拍手したものです]

カテゴリー

ブログ内検索

アーカイブ

RSS

管理者専用