忍者ブログ

背伸びした視点のブログ→第4回公式ウディコンレビュー


第4回公式ウディコンレビュー  2012 / 08 / 30 ( Thu )

きょうはサイト更新のお知らせだけ。

第4回ウディコンの審査期間が終了したので、予告通り「限りなく全コメントレビューに近い何か」を掲載しました。得点は秘密だけど、だいたい思ってたことは全部書き出しました。


第4回WOLF RPGエディターコンテスト ぽり0655視点レビュー



今回の作品をレビューしていて思ったのは「『ウディタといえばイロモノ』という時代はもう完全に終わりを告げたんだな」ってこと。まあ、その風潮を作り上げた原因にぽりが一切関わってないかと言われれば微妙な話でして、そんなぽりがこういうことを言うのもおかしな話ですが。
それでも過去には「RPGじゃないゲームを作れることがウディタのアドバンテージ」って言われていた時代があったわけで、その頃から比べれば確実に「王道のRPG」の絶対数も増えたし、評価される作品数も多くなりました。とってもいいことだと思います。「『斬新である』というだけで評価される状態からの脱却」ってのはコミュニティを成長させる際に重要な要素だと個人的に思っています。
その他に気になったのは「グラフィックこだわる人多くなったね」ということ。当然ながらグラフィックが綺麗になればそれだけSSが綺麗になりますし、それだけ宣伝効果も上がります。とは言えグラフィックをこだわると製作期間も要求スキルもかなり伸びるため、やるのには相当な覚悟が必要になります。そんな作者さんが増えたということは、それだけウディタには「覚悟を決める価値がある」機能と下地が存在する、と考えることもできるんじゃないでしょうか。考え過ぎかな?
どちらにしろ「ガチの作者さんが多くなる」ってのは、皆さんのやる気の起爆剤にもなります。コミュニティの成長という面ではこれも非常に良い傾向なんじゃないでしょうか。あまりに多くなりすぎてグラフィック至上主義になってしまい某JRPGと同じ末路を歩むみたいなオチは勘弁願いたいですけどね。

ともあれ、今回のウディコンはかなり「転機」だと思うのです。ウディタの新しい方向が見えたと思います。



……という事をあとがきとして(非公式ウディコンレビューの時のように)書こうと思ってたのですがやめました。これどう見ても「あとがき」として1ページで独立させるほどの文章量じゃないですし。

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード

プラグイン

カウンター

サイト移動

メインページへ行く
背伸びした視点の日々
旧ブログへ行く
この視点の日々

執筆者として参加していたようです
ウディタ新聞

ついったー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ぽり0655
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/04/16
自己紹介:
主に日記を書きながら、たまにゲームを作ったり作らなかったり。

最新記事

最新コメント

※ぽりが返信したコメントには、タイトル横にマークが付いています
[07/28 MK]
[03/10 拍手したものです]
[12/25 NONAME]
[12/13 拍手したものです]
[09/15 拍手したものです]

カテゴリー

ブログ内検索

アーカイブ

RSS

管理者専用